« オペラデビュ~♪ | トップページ | ショパンとテレビ »

2008年2月14日 (木)

トルコ料理でバレンタイン

トルコ料理と言えば、世界3大料理の一つ。ヨーロッパなどでは、「ケバブ」の看板を頻繁に目にしますし、トルコからの移民が多いウィーンでは駅などで普通にケバブサンドが売られています。これがまた美味。ウィーンの路面電車のカールスプラッツ駅で私たちはオペラ帰りにサンドを買ってホテルで食べようということにしたのですが、このサンドで妻はケバブサンドにはまりました。この売店の店員さんは、私たちが日本人であることを知ると、「イチ、ニ、サン・・」と日本語で数を数えだしたのですが、ちょっと間違っていました。

Photo

前置きが長くなりましたが、そんな私たちのバレンタインデーは、西原町にあるトルコ料理店、ケレベッキ。まずは、私一人だけトルコビール。EFES(エフェス)は、ウィーンでも売られていました。

P1010013

ひよこ豆のスープ。結構いけます。

Photo_2

そして、シシカバブ。

Photo_3

ドネルケバブ。添えられているヨーグルトにうまくからませると風味が増します。

Photo_5

こちらで食べるケバブサンドは、ピタパン式ばかりなのですが、向こうで食べたものは、ハンバーガーのパンのようでした。沖縄には北谷町にもイスタンブールケバブハウスもあり、そちらはトルコ人が経営しています。どちらのお店もおいしいです。

P1010064

これは、アメ横にある「モーゼスさんのケバブ」。「おまけだよ~」と妙な日本語のアクセントで呼びかけていました。「ビーフとチキン、混ぜるもできる。値段、変わらない」と1コ500円での販売を続けております。

|

« オペラデビュ~♪ | トップページ | ショパンとテレビ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オペラデビュ~♪ | トップページ | ショパンとテレビ »