« 絶海の孤島、大東島とショパン | トップページ | よしもとお笑いEXPO »

2008年2月23日 (土)

よしもと&スタレビ

 今日は、「よしもとお笑いEXPO in 沖縄」とスターダストレビューのコンサートを掛け持ちで行ってきました。去年、高血圧が原因でくも膜下出血をやってしまい、高血圧はストレスも大きな要因であるため、ストレスを溜めないようにと、治療・予防の一環として楽しめるものは楽しんでこようということにしました。coldsweats01ちなみに、先月は桂文珍独演会にも行ってきました。

Chirasi

  これが、当初のチラシです。ここから、私が楽しみにしていた出雲阿国、タカ&トシ、フットボールアワーが消えたのが残念ですが、南海キャンディーズが加わったので、まあなんとか許すことにしましょう。

Schedule 

これが当日のスケジュール。1時間の休憩って、どんなんやねん?と思いつつ、まあ、女性用トイレtoiletは混雑するし・・・と納得させることに。今日一番注目していたのは宮川大助・花子です。今まで見たことがなかったし、なんと言っても大助さんも去年倒れたので、他人事とは思えず、応援したい気持ちでいっぱいです。

よしもとが5時で終わったあとは、隣の建物で今度はスターダストレビューのコンサートです。男女合わせて8カ所あるトイレの7カ所が女性用に化けていました。「どうして男用がないんだろうか?」と会場をうろついてしまいました。それくらい女性客が多いということなんでしょう。コンサートが始まると、「あれ?こっちもよしもと?」と錯覚するほど、笑いのあるコンサートでした。ボーカル兼ギターの根本要さんのトークには昔から定評がありましたが。

星屑医院という看板や血圧計などの小物、根本要さんが医者、ボー林さんが看護士(しかも女装)の格好をして出てきたときには大爆笑。ちょっとしたお芝居も取り入れたりしていましたが、これも曲を深く知ってもらうためには必要な演出なのでしょう。白衣を着けたまま何曲か演奏していました。

Epsn0309

ちなみに、我が家にはスターダストレビューのサインがあります(ちょっと自慢)。これは、2000年にスターダストレビューがディアマンテスとジョイントコンサートをやった際に、知り合いであるディアマンテスのギタリスト、ターボ氏にお願いしてもらったものです。ただし、ボー林さんしかわからないのですが・・・。

Docu00021

会場で、「ボーさんのカレー」なるものを発見したので、カレーマニアである私は、ちょっと迷って結局ゲットしました。このお味については、後日お知らせします。要さんが「よしもとに行かないでこっちに来てくれてありがとう!」って言ってましたが、時間が重ならなかったので、両方行きましたってばっ!でも、さすがにちょっときつかったかも。と言いつつ、明日もよしもとに行ってきま~す。南海キャンディーズ、楽しみ~。happy01

|

« 絶海の孤島、大東島とショパン | トップページ | よしもとお笑いEXPO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶海の孤島、大東島とショパン | トップページ | よしもとお笑いEXPO »